メニュー

ご挨拶

ご挨拶

この度、縁あって中野区東中野の落合に開業させていただくことになりました。

私にとって中学生から大学生まで過ごした大事なところであり、この地で開業できることに感謝しております。

前職では、新宿で院長として勤務させていただき、診療以外にも学校医や休日当番などで微力ながら地域医療に貢献させていただきました。

今後は、この地で地域医療に貢献していきたいと思っております。

人にはそれぞれ個性があるように、病気にも個性があります。同じ病名が付いている方の治療が、必ずしも同じ治療しかないということはないと考えています。

病気には、急性疾患で治療して治ってよかった、治療終了です、という病気ばかりでは残念ながらありません。もちろん、治る病気であるにこしたことはありません。しかし、慢性疾患で、急には悪くならないけれどもずっと薬を続けなくてはならない、または、薬の治療はまだ必要ないけれど定期検査が必要だ、など、しばらくの間一緒に過ごさなくてはならない病気も少なくありません。一緒に過ごすのであれば、できるだけ快適に過ごしていただきたいと思います。

患者様の生活習慣や、考え方によっても、早めに手術を希望されるのか、なるべく手術は希望されないのか。または、目薬をさす回数が多くても気にならないのか、仕事等の都合により、日中は目薬できないのか等々。お話をお聞きし、ご本人にとって最良の治療方法を一緒に選んでいけたらと思っております。

もちろん、最良の治療法をご提案し選択する上で欠かせない、最新の検査機器、慢性疾患をしっかりと追っていけるファイリングシステムも装備しており、経年変化を見逃さず治療方針に役立てます。

また、当院では、ものもらい、眼瞼下垂などの外眼部手術も行ってまいります。

人の五感のなかでもとても大事な視覚を守るため、向上心、向学心を常にもち、診療にあたること。また、信頼関係を築けるように努め、相談しやすく、安心して医療を受けてもらえること、をコンセプトとし、皆様の不安や、症状が少しでも軽くなるよう、スタッフ一同努めて参りたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

                                            院長  上玉 倫子

 パンフレット写真

 

略歴

1998年 国立三重大学医学部卒業
1998年 東京医科歯科大学付属病院眼科学教室入局
2003年 東京医科歯科大学大学院卒業
2003年 流山総合病院眼科医長
2005年 新宿東口眼科医院院長

所属学会・資格

医学博士

日本眼科学会認定眼科専門医

 日本眼科学会

 日本眼科医会

 東京都眼科医会

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME