メニュー

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症について

糖尿病網糖尿眼底写真膜症によって、毎年約3千人が社会的に失明していると言われています。成人の失明原因として非常に大きな比率を占めているのです。また、糖尿病網膜症は症状のでないまま進行することが多いため、定期検査をしていないと、早期発見の難しい病気となっています。また、病態も可逆性、不可逆性に分かれており、可逆性の状態であれば、無治療のままでよいのですが、不可逆性の状態に進んでしまうと治療が必要になります。

発生の要因について

なぜ、糖尿病で網膜症になるのでしょうか。それは、網膜には細かい血管が全体に張りめぐり、高血糖の血液がながれることで血管に負担がかかり、血液の流れが悪くなります。とくに細い血管では影響をうけやすく、網膜の血管がダメージを受けやすくなっています。ダメージを受けた血管は正常な仕事をしなくなり、血管から網膜に液体がしみだし、むくみをおこします。また、仕事をしなくなった血管の代わりに、目の中では新生血管が作られてしまいます。新生血管は、脆く、切れやすく、出血の原因となってしまいます。

症状について

初期  ほとんど症状がでません。

硝子体出血  ある日突然、目が見えなくなり、目の前が真っ暗になります。

糖尿病黄斑症   歪む、暗い、などの症状がでます。片眼のみでは自覚症状がでにくいため、自覚症状がでてからの受診では、両眼に黄斑症がおきていることが多いです。

網膜剥離  視野が欠けてきます。

 検査について

視力検査 現状の見え方を検査します。

眼圧検査 続発性緑内障になることもあるため、大事な検査です。

眼底検査、眼底写真 出血の状態を確認します。

眼底3次元解析 視力に大事な網膜の黄斑部にむくみが疑われる場合には検査をします。

 治療について

内服治療 出血のタイプにより、内服治療をすることがあります。

網膜光凝固術 網膜血管が不可逆的なダメージを受けてしまったところは、そのまま放置していると新生血管という出血しやすい悪い血管を発生させてしまします。ダメージを受けている網膜を凝固してしまい、新生血管を発生させて病態を悪化させないようにします。日帰りの手術になります。術後に眼帯等はなく、コンタクトレンズなども装用できますが、当日は目がぼやけているため、運転等はできません。硝子体手術、硝子体注射が必要な方には、適切な医療機関にご紹介をさせていただいております。

 糖尿病の網膜症は、糖尿病の診断が付いている方でしたら、眼底の定期検査は必要になります。定期検査の期間は1ヶ月から1年と、その方の眼底の状態、血糖値の状態により違いますので、診察時にお話いたします。また、糖尿病の網膜症になってしまった場合には、治療をしても完治ということはなく、継続的な定期検査が必要になります。症状がでていないからと放置していますと、ある日突然、目が見えなくなった、目の前が真っ暗になったとあわてて病院に駆け込み、硝子体出血、網膜剥離と診断されることもあります。早めに治療した方と、このような状態になってから治療を始めたかたでは、その後の視力予後が違います。ぜひ、定期検査をうけていただきたいとおもいます。

また、内科の先生から、眼科受診を勧められ、糖尿病手帳に目の状態を記入してもらってくださいとお話があった際には、お気軽にお声がけください。手帳の記入をさせていただき、内科の治療にもお役立ていただきたく思います。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME