メニュー

ぶどう膜炎

ぶどう膜炎について

ブドウ膜炎ふどう膜炎とは、目の中で血流の多い組織である虹彩、脈絡膜、毛様体の部分に炎症がおこることです。血流が多いため、なんらかの原因がると炎症が強く出やすい場所です。毛様体、虹彩は目の前の方にありますが、脈絡膜は目の奥から前にかけて網膜の下に、目の全体をくるむように存在しています。そのため、炎症のおこる場所によっては、目の前の部分のみの炎症だったり、目の全体の炎症になったりします。

 発生の要因について

ぶどう膜炎は、たくさんの検査をしても原因がわからないこともよくあります。3大ぶどう膜炎といわれるのが、ベーチェット病、原田病、サルコイドーシスです。3大ぶどう膜炎のほかには、膠原病、関節炎、腸疾患、皮膚疾患、脳神経疾患、耳鼻科疾患、糖尿病、血液疾患、悪性腫瘍などがぶどう膜炎の原因になっていることもあります。必要に応じて、いろいろな検査をしますが、それでも原因不明なことも多く、原因不明のまま炎症を止める治療を始めることもよくあります。

ぶどう膜炎は、典型的な症状ということが少なく、多彩な症状ででますので、この症状があったらぶどう膜炎ですという特徴的な症状がありません。ですので、なんだか霞んで見える、ひかりが眩しい、充血が引かない、歪む等、なにかしら症状がありましたら、診察を受けていただくのがよいと思われます。

患者様は、目の症状がでて眼科に受診されますので、目の症状のことしかお話されないことも多いですが、ぶどう膜炎では些細なこともお話していただけると診断に繋がることもあります。頭痛が続いている、耳鳴りがする、関節が痛い、皮膚になにかできている、下痢をしやすくなった、口内炎が頻発する等があります。

 症状について

視力低下 目のすべての病気を引き起こす可能性があるため、たくさんの原因で視力低下がおきる可能性があります。また、病気により引き起こされる続発性の白内障、緑内障、網膜剥離なども原因となることがあります。

飛蚊症 炎症で生じた硝子体の濁りや浮遊物により、目の前にゴミのようなものが飛んで見えます。炎症が落ち着いても、飛ぶ量は減っても完全になくなることは難しいことが多いです。

充血 虹彩や毛様体の炎症が強い時に白目が充血します。一般的な結膜炎と違うのは、瞼の裏の結膜は充血していないのに、白目の結膜のみが充血しているところです。

鈍痛 虹彩に炎症がおこると鈍痛がでます。光をみると増悪します。また、炎症が原因で眼圧が上昇した時も痛みがでることがあります。

 検査について

視力検査 現状の見え方を検査します。治療の経過を見る上でも重要です。

眼圧検査 ぶどう膜炎でも変化することもありますし、治療薬のステロイド(眼圧をあげる副作用あり)も多く使用することがあるため必須の検査です。

眼底検査 炎症が目の奥に及んでいないかを調べます。

眼底三次元解析 必要に応じて、ぶどう膜炎で奥の炎症がおきたときに、目の奥が腫れることがあるため、検査します。

視野検査 必要に応じて行います。

採血 必要に応じて検査します。

 治療について

点眼治療 ステロイド点眼はよく治療に使われます。炎症を早く引いてくれることが多く、効果的な薬ではあるのですが、副作用が出ることも多く、また、急な使用の中止で炎症が再燃する事もあり、きちんと指示を守って使用しなくてはいけないお薬です。散瞳剤の点眼治療は、虹彩炎が起きているときの、瞳孔管理と痛みの軽減の目的に使われることが多いです。治療で使用中は車の運転は控えていただきます。

内服治療 抗炎症剤やステロイド内服や抗菌剤の内服をすることもあります。

結膜下注射 炎症が強く、点眼回数を増やすだけでは炎症のコントロールが難しいときに薬を白目に注射することで、点眼治療より効果が出やすくなります。とくに急に悪化した虹彩炎で瞳孔管理のために注射することもあります。

その他 免疫抑制剤、インフリキシマブ等の治療が必要な方は、適切な病院に紹介させていただいております。

 ぶどう膜炎は、その診断が難しく、病態も多彩です。病状を確かめながら治療法を調整する対症的な治療が中心となります。当院では、初診時の状態を見せていただき、その程度や状態、疑われる病気によっては、当院で治療を始めるだけでなく、精密検査が必要になる可能性のある方は初回から適切な病院へ紹介させていただくこともあります。ぶどう膜炎は、長引くものや再発するものが多いです。正しい治療を続け、発作や再発をできる限り減らし、発作や再発が起きたとき早めに治療を開始して強い炎症を長引かせないということが非常に大事です。

更に、ぶどう膜炎には、炎症の再発のみでなく、続発性の白内障、緑内障、網膜剥離等の合併症が高い頻度で起こります。自覚症状がでるものであれば発見も早くなりますが、自覚症状が早期では出にくいことも多々ありますので、定期検査は非常に重要になります。

当院では、紹介先から戻られて、原因が判明した場合、または検査したけども原因不明だった場合でも、患者さまそれぞれの炎症のタイプに合わせた治療をおこなっております。また、炎症のタイプ、使用している点眼薬などから、起こりやすい合併症を判断し、適切な期間で定期検査を行っております。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME